田七人参を摂ると得られる3つの効果を専門家が解説

2022. 05. 18
監修:望月みどり プロフィールを見る >

漢方養生指導士・サプリメントアドバイザー・健康管理士
女性の健康に関する専門性の高い記事を数多く執筆。 漢方養生指導士、サプリメントアドバイザーの知識を活かし、女性向けサプリメントの開発にも携わる

「田七人参には、どのような効果があるのだろう?」
「田七人参が健康に効果的であれば、抱えている不調も改善できるだろうか?」

この記事を読んでいる方は、田七人参の効果について詳しく知りたいのではないでしょうか。

古くから生薬として重宝されてきた田七人参には、健康的な体作りにつながる3つの効果があります。

ただし、体を元気にしたい人全てに向いているわけではなく、特に効果を得やすい人がいます。それは、次のような人です。

田七人参を摂ることに興味があれば、ご自身が上記に該当するかどうかの判断が必要になります。

この記事では、以下の内容をまとめて説明しています。

・田七人参の効果
・田七人参の効果を特に得やすい人
・「田七人参は効果なし」という声について

・田七人参を効果的に摂るにはサプリがおすすめ
・田七人参サプリの選び方
・田七人参以外でサプリに含まれていると良い成分
・複合配合の田七人参のサプリを摂るときの注意点
・複合配合の田七人参サプリに関するQA

読んでいただくことで、以下をお分かりいただけます。

◎田七人参には、どのような不調を改善する効果を得られるのか
◎田七人参の効果を得やすいのは、どのような人なのか
◎田七人参の効果は、実際のところどうなのか

◎田七人参を効果的に摂る方法としてサプリが良いのは、なぜなのか
◎摂取する田七人参サプリは、どのような特徴を持つものが良いのか
◎実際に田七人参サプリを摂るときは、何に気を付けたら良いのか

田七人参の効果に興味のある方が理解を深めていただける内容を載せていますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

田七人参を摂ると得られる3つの効果

冒頭でも触れましたが、田七人参には健康な体作りにつながる次の3つの効果があります。

1つずつ詳しく見ていきましょう。

 

1-1. 肝機能の低下による疲労倦怠の予防・改善

1つ目の効果は、肝機能の低下による疲労倦怠の予防・改善です。

田七人参には肝細胞を再生させ、肝機能を向上させる効能があるからです。田七人参に含まれる栄養素「サポニン」が、この効能を実現しています。

肝機能の低下によって疲労倦怠が生じるのは、肝臓に「過酸化脂質」が増えてエネルギー源が作られにくくなるのが一因です。過酸化脂質とは、コレステロールや中性脂肪といった脂質が酸化した脂質で、体内で増えると肝機能の低下を引き起こします。

田七人参に含まれるサポニンには、肝機能を向上させて過酸化脂質を抑制する働きがあります。このサポニンの働きによって肝機能の低下を防ぐことができ、結果として疲労倦怠の予防・改善ができるようになるのです。

 

1-2. 女性の更年期に起こりやすい不調の予防・改善

2つ目の効果は、女性の更年期に起こりやすい不調の予防・改善です。以下が、予防・改善可能な不調です。

【田七人参で予防・改善が可能な不調】
不調
疲労倦怠
冷え

 

女性は更年期にさしかかると、加齢によるホルモンバランスの乱れからさまざまな不調を感じるようになります。田七人参は、更年期の女性に起こりやすい不調の予防・改善をサポートします。その効能を可能にしているのが、田七人参に含まれる次の栄養素です。

【更年期の不調の予防・改善をサポートする栄養素】
栄養素名
効能・効果
予防・改善できる
更年期の不調
サポニン
血の巡りを改善する
冷え・疲れ
アルギニン
①加齢で硬くなった血管を柔らかくし、血液の流れを改善する
②骨の健康に関わる成長ホルモンの活性化を促進する
①冷え・疲れ
②骨粗しょう症(骨の量が減少し骨がもろくなる症状)
ビタミンE
加齢で増えやすい過酸化脂質の増加を抑え、血液の流れを改善する
冷え
有機
ゲルマニウム
骨の形成を行う細胞「骨芽細胞」を活性化する
骨粗しょう症

 

更年期になると様々な不調が起こりやすくなりますが、田七人参に含まれる上記の豊富な栄養素により、更年期を元気に過ごすこともできるようになります。

 

1-3. 免疫力の向上

3つ目の効果は、免疫力の向上です。

田七人参には、病原菌やウイルスにアプローチする細胞や物質の働きを活性化する効能があるからです。田七人参に含まれる次の栄養素が、この効能を発揮しています。

【免疫機能を担う細胞や物質を活性化する栄養素】
栄養素名
働き
サポニン
病原菌やウイルスに抵抗する免疫細胞「ナチュラルキラー細胞」の働きを活性化する
アルギニン
病原菌やウイルスを食べる免疫細胞「マクロファージ」の働きを活性化する
有機ゲルマニウム
病原菌やウイルスが増えるのを防ぐ物質「インターフェロン」の働きを活性化する

 

免疫力が低下するのは、免疫機能を担う上記の細胞や物質が活性化されなくなるためです。

田七人参を摂れば上記の栄養素の効能によって免疫機能を担う細胞や物質の働きが促進されるため、免疫力を上げることができます。

田七人参が持つ栄養素について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
「田七人参とは」 >>

 

田七人参の効果を特に得やすい人

ここまで説明してきた田七人参の効果を踏まえると、田七人参は特に以下のような人が効果を得やすいといえます。

 

2-1. お酒や脂肪分の高い食事をよく摂る人

お酒や脂肪分の高い食事をよく摂る人は、田七人参の効果を得やすいです。

このような人は、肝機能が低下して疲労倦怠を感じやすくなります。アルコールや脂肪分の過剰摂取によって肝臓の中性脂肪が増え、エネルギー源の生成を邪魔する過酸脂質が作られやすくなるからです。

参考:FRONTIERS

 

お酒をよく飲んだり、脂肪分の高い食事をよく摂ったりする人が田七人参を摂取すれば、肝機能の低下を防いで疲労倦怠を予防・改善することを期待できます。

 

2-2. 更年期特有の症状を抱えている女性

田七人参は、更年期特有の症状を抱えている女性にも効果的です。

女性は更年期にさしかかると、加齢によるホルモンバランスの乱れからさまざまな不調を感じるようになります。田七人参は、更年期の女性に起こりやすい不調の予防・改善する効果があることは「1-2. 更年期に起こりやすい不調の予防・改善」でも説明した通りです。

更年期に生じやすい症状は人によって異なりますが、特に以下の症状を抱えている方が田七人参を摂れば改善に向かい、辛い更年期の中にいても生き生きと過ごせるでしょう。

【田七人参で予防・改善が可能な更年期特有の不調】
不調
疲労倦怠
冷え

 

2-3. 加齢に伴って風邪を引きやすくなった人

加齢に伴って風邪を引きやすくなった人にも田七人参は有効です。

「1-3. 免疫力の向上」でも説明した通り、田七人参には病原菌やウイルスにアプローチする免疫細胞や物質の働きを促進する効果があります。

加齢に伴って風邪を引きやすくなるのは、免疫を担う細胞や物質が減って免疫力が低下するためです。

年を重ねるにつれて風邪を引きやすくなった人が田七人参を摂れば、風邪に負けない元気な体を作ることが可能になります。

 

「田七人参は効果なし」という声もあるけれど実際はどうなの?

実際に田七人参を摂った人の中には、効果がないと感じた人もいるようです。

効果がないと感じる要因は人によって異なるため一概にはいえませんが、次のような原因が考えられます。

①田七人参を摂った期間が短かった
田七人参は薬ではないため即効性はありません。
数日あるいは数週間といった短い期間で摂取するのを止めてしまうと、効果を感じにくくなります。

②田七人参が体質に合わなかった
田七人参が体質に合わないと、効果を感じにくいです。
長期間摂取しても効果を実感できなければ、体との相性が合わないといえます。

人によって効果を感じられない場合もあるものの、基本的に田七人参は「1. 田七人参を摂ると得られる3つの効果」で説明したような効果があります。

では、どのように田七人参を摂っていけばここまで説明してきた効果を得やすくなるのでしょうか。次の章から、田七人参を効果的に摂る方法を詳しく説明していきましょう。

 

田七人参を効果的に摂るにはサプリがおすすめ

田七人参を効果的に摂るにはプリがおすすめです。その理由は2つあります。

 

①カプセルであれば田七人参の栄養素を多く取り込める
カプセルのサプリは飲みやすく、田七人参の栄養素を取り込みやすいです。

錠剤で田七人参を摂る方法もありますが、ハードカプセルなら、高熱、高圧を長時間かける工程が少なく、粉末をそのままカプセルに閉じ込めるために内容成分が損なわれず、田七人参の栄養素を多く取り込めます。

 

②苦味を感じにくく毎日摂取しやすい
田七人参には、特有の苦みがあるため、粉末のままでは摂取しにくいといえます。サプリは即効性があるものではなく、毎日摂り続けることが重要です。苦いものがあまり好きではない方にとっては、体に良いと思って摂っていても、途中で飲むのを止めたくなるかもしれません。

 

田七人参には健康的な体作りにつながる効果が豊富にあります。その効果を得るためにも、サプリメントで摂取するのがおすすめなのです。

 

田七人参サプリの選び方

田七人参を効果的に摂るにはサプリがおすすめですが、そのサプリは多く販売されているためどれを摂れば良いか分からなくなることが考えられます。

数ある田七人参サプリからどれを摂れば良いか、その選び方は次の通りです。

順に見ていきましょう。

 

5-1. 不調改善に有効な成分が複合配合されている

田七人参以外にも、不調改善に有効な成分が複合配合されているサプリを選ぶと良いです。

その理由は、不調の原因は1つだけでなく、複数に及んでいる恐れがあるからです。

生薬は同じような効果を持つ成分を組み合わせて摂ることで、より効果を発揮します。田七人参以外の有効な成分も一緒に摂れば不調のあらゆる原因に一度でアプローチできるため、効果的に不調を改善できます。

たとえば、更年期に起こりやすい不調を抱えている場合、女性ホルモンの乱れも解消する成分と一緒に摂ればその不調を効果的に改善できるでしょう。

具体的にどのような成分を含んでいると良いかは「6. 田七人参以外でサプリに含まれていると良い成分」で説明するので、ご覧ください。

 

5-2. 安全性が確認されている

安全性が確認されている田七人参サプリを選びましょう。

市販のサプリの中には、大量に買い付けて長期保存され品質の低下した原材料で作られていたり、製造過程において十分な品質管理がされていなかったりする場合もあるからです。

安全性の確認には、GMPマークがあるかどうかが参考になるでしょう。GMP(Good Manufacturing Practice)とは、健康食品を作る企業(工場)が原料の入荷から出荷まで安全な品質を元に製造されていることを示す国際的な規範のことです。このGMPを取り入れてサプリを作っており、一般社団法人・日本健康食品規格協会からGMP認定企業(工場)と認定されれば、安全な環境でサプリが作られていることが分かります。

田七人参サプリがGMP認定企業(工場)で作られているのであれば、安全性を確実に確認できます。GMP認定企業(工場)でなくても安全性が高いサプリメントは多くありますが、健康を考えるとGMPを取り入れている企業が作った田七人参サプリを選ぶのがおすすめです。

田七人参サプリのパッケージや商品を紹介している公式ページでGMP認定企業(工場)かが分かりますので、確認してみてください。

 

田七人参以外でサプリに含まれていると良い成分

「5-1. 不調改善に有効な成分が複合配合されている」で説明したように不調を改善していくには田七人参以外の成分も一緒に摂っていくことが重要で、その成分というのが次の4つです。

上記は田七人参と類似する効果を持つ栄養素であるため、一緒に摂取すれば相互作用が働いて不調を効果的に改善できます。

1つずつ見ていきましょう。

 

6-1. 有機マカ

マカは、厳しい自然環境を持つペルーのアンデス山脈で育つ栄養素が豊富な植物で、古くから滋養強壮や精力増強を目的に摂取されてきました。

田七人参と類似する有機マカの効果は、次の3つです。

①疲労倦怠の予防・改善
マカには、成長ホルモンを活性化するアルギニンが含まれているため、疲労倦怠の予防・改善ができます。

②免疫力の向上
マカに含まれるアルギニンが免疫細胞「マクロファージ」を活性化するため、免疫力を上げられます。

③更年期に起こりやすい不調の予防・改善
マカには、更年期に起こりやすい不調の一因である女性ホルモン「エストロゲン」の乱れを改善する効能があります。エストロゲンの分泌を助ける「卵胞刺激ホルモン」を活性化し、もう1つの女性ホルモン「プロゲステロン」とのバランスを整えるからです。

田七人参サプリにマカが入っていれば、年を重ねても健康を維持できる体を作れます。

 

6-2. すっぽん

すっぽんは古くから「歩く漢方薬」として重宝されています。現在では美容面の不調を改善するのに活用されることが多いですが、健康な体作りにも役立ちます。

田七人参と類似する効果は、動脈硬化の予防・改善です。すっぽんには田七人参に含まれているビタミンEを多く含んでいるからです。

田七人参サプリに含まれていれば血の巡りを良くする作用が効果的に働きます。

 

6-3. 酵母亜鉛

酵母亜鉛は、酵母培養で作られた亜鉛のことです。

田七人参と類似する効果は、疲労倦怠の改善です。田七人参に含まれるアルギニンと同様に、成長ホルモンを活性化する効能があります。

酵母亜鉛は一般的な亜鉛と比べると体への吸収力が高いため、田七人参サプリに含まれていると相まって体内において効果が発揮されやすくなります。

 

6-4. ウコン

ウコンは熱帯や亜熱帯で育つ植物で、香辛料や漢方など幅広い用途で摂取されています。

 

①肝機能を向上させて疲労倦怠を改善
肝臓は、代謝、エネルギーの貯蔵、解毒、胆汁の生成など多くのはたらきを持つ重要な臓器です。障害があっても自覚症状が出にく臓器と言われていすが、エネルギーが十分に生み出せないと疲労倦怠を感じるようになります。

ウコンを摂取することにより、解毒作用を高める、胆汁の分泌を促すなど、肝臓の機能が向上するといわれています。

 

②コレステロールの酸化を防いで血流を改善
ウコンにはコレステロールの酸化を防ぐ効能があります。酸化したコレステロールが血管にこびりつくと血流が悪化しますが、ウコンがあれば血流を改善できるのです。

上記の効果はウコンの色素でもある「クルクミン」がもたらすものですが、ウコンの種類によってこのクルクミンの含有量は異なります。

クルクミンを最も多く含むのは「秋ウコン」と呼ばれるウコンであり、田七人参サプリにはこの秋ウコンが含まれていると上記の効果を得やすくなります。

 

田七人参サプリを摂取するときの注意点

田七人参のサプリを摂るときは、次の2つに気を付けましょう。

 

7-1. 医薬品を服用中であれば医師や薬剤師に相談する

今医薬品を服用中であれば、医師や薬剤師に相談しましょう。

服用している医薬品の成分によっては田七人参に含まれる栄養素との相性が悪く、その医薬品の効果を強めたり弱めたりする恐れがあります。

このため、田七人参のサプリを摂取しても問題がないかを事前に確認することをおすすめします。

 

7-2. 摂取して違和感を覚えたら止める

田七人参サプリを摂取して違和感を覚えたら止めましょう。

田七人参には大きな健康被害を及ぼす副作用はないといわれていますが、体質によっては相性が悪い場合もあります。

田七人参サプリを飲んでからいつもとは違う体の変化を感じたり、不調が起きたりしたら摂取を止め、様子を見てください。摂取を止めて体調が元通りになったら、田七人参サプリが体質と合っていないことが考えられます。

 

田七人参サプリに関するQA

最後に、田七人参サプリに関してよくある疑問とその答えを紹介します。

 

8-1. 効果はどのくらいで現れる?

田七人参サプリのような健康食品の効果が現れやすいのは、個人差はありますが摂取してから2~3ヶ月といわれています。

長く感じるかもしれませんが、そもそもサプリは医薬品ではないため即効性はありません。田七人参サプリはあくまで不調改善をサポートする役割であるため、効果も数日、あるいは数週間では現れないのです。

田七人参サプリを摂取してすぐ効果を実感できないからといって1ヶ月もしないうちに止めるのではなく、違和感を覚えない限りは毎日続けて飲むようにしましょう。

 

8-2. 副作用はある?

前述した通り、田七人参自体には大きな健康被害をもたらす副作用はないといわれていますが、女性の場合、稀に生理において経血量が増えることがあるといわれています。これは、田七人参の血流を改善する効果が関わっているようです。

田七人参サプリを摂った後、普段の経血量と比べると多く感じたり、経血に違和感を覚えたりするようであれば摂取を控えて様子を見ることをおすすめします。

 

まとめ

田七人参には次の3つの効果があります。

田七人参は体を元気にしたい人全てに向いているわけではなく、特に効果を得やすい人がいます。

田七人参は、サプリであると効果的に摂りやすいです。サプリは、次のことを踏まえて選ぶのがおすすめです。

サプリには田七人参以外に次の成分が含まれていると、田七人参との相互作用が働いて不調を効果的に改善できます。

田七人参をサプリで取るときは、以下に注意することが重要です。

田七人参をうまく活用して、不調を効果的に改善していきましょう。

 

Recommendおすすめ記事

TOPへ戻る